オーダーカーテン 東京 横浜 川崎。輸入カーテンはオーブへ

第8話  ヘルシンキへGO!−3  ヨーロッパ日記2011
22013.1.18
オーダーカーテンのオーブ カーテンの出張・試着システム 取り扱いブランド コーディネーターの独り言 姉妹店のご案内 サイトマップ お問い合わせ
 Home > ヨーロッパ日記2013-TOP > 第8話
引き続きヘルシンキより、3日目の模様です。

いつものように、午前中は部屋で原稿を書いて昼から外出。こっちの人は皆陽気で親切、人が良い街って居心地が良いですよね〜、ありがたい。寒さを除けば、とっても良い街です。夏に来たいな〜。
先ずはアパートの近くにある、「テンペリアウキオ教会」を見学。

岩山をくりぬいて、ドーム状の銅の屋根を乗せた設計で、別名「岩の教会」と言われています。

外見はほとんど岩の山なので、この入口以外は全く目立たず、見つけるのに苦労します。
独特の荘厳さがあって、他のどの教会とも違う所がすごい!まさに自然と人工の融合です。

見学は無料で自由です。
寒さで耳が痛く、特に夜は5分以上歩けないので、ニット帽を調達。

「北の国からの吾郎さんみたいだよ〜」
って、トド撃ちのおじさんに言われた。
そのトド撃ちのおじさん(笑)
この日も街のインテリアショップめぐり。

この店はクリスマス用品の専門店で、一年中クリスマス。さすがサンタの故郷ですね〜。

でもマジ物のサンタとクリスマスデコレーションは、日本で見るのと違って怖い!かわいさはあまりないんですね。
アカデミアブックセンター。

ここもアアルトが設計していて、中にアアルト・カフェがあります。
そこでケーキとコーヒーで一服。

日本の観光客も多いのか、日本語メニューもあって便利だけど、味は普通。もちろん内装はすべて、アアルトの物。
ほんとに街中インテリアショップだらけ。

特にこの手の、窓際にペンダントライトを飾っているショップが多く、ほとんどモダン系。
中でも、アルテックに続いて大きい、AERO。

名作家具がずらりと並んだ高級店で、本革の臭いが高級感を演出します。
お馴染みカルテルも、フィンランドらしいデコレーション。

(置いてある物は同じ)
かなり広いスペースを使った「デザイン・フォーラム」

文具から雑貨、家具、洋服、家電、何でもデザイン性の高い物をセレクトしてディスプレイしていて、そのまま販売もしています。
地下ではデザインのエキシビジョンもひらかれていました。
この日のディナーは、こちらもモダン・スカンジナビア料理の人気店、「SPIS」。

昨日同様、早い時間に入ったので予約なしでも、2時間だけならOK、ラッキーでした。

ここは、インテリア・トレンドビジョンを書いている佐戸川和久さん(フランクフルトでドイツ料理を一緒に食べた時に、ここにも登場した方)も絶賛していたお店で、噂にたがわず、クリエイティブな料理でどれも絶品!
スターターがこれ。

「器だけかよ〜」って見えるけど、底にアーティチョークとマッシュルームとポテトのムースが入ってます。

絶品!
これが前菜。

やっぱり旬のニンジンを使っているパテ。

いや〜、本当に食べたことのない味で、フレンチともイタリアンとも違う独特の味。しかもおいしい。

昨日の店も、ニューヨークタイムズの世界のレストラン50店に選ばれた名店だけど、こっちの方が上。よりクリエイティブです。
小さい店だけど内装も素敵で、古い石造りの壁を残したり、スパルタンになりがちな硬質な設えでも、ホッコリ落ち着く空間に仕上がっているから不思議。

何より、店のスタッフが親切で気さく、料理の出すタイミングなども丁度良く、料理の説明も丁寧にしてくれます。

居心地も抜群!
外から見た、中の壁面。

こういうラフに仕上げた石壁をかっこよく見せるデザインがこっちでは多いみたいだけど、良いですよね〜。木では出せない石の良さが前面に出ています。
食事の後の帰り道、メインストリートのエスプラナーディ通り。

中央の公園のイルミネーションと、建物のライトアップが何とも良い雰囲気。ほろ酔いなので、さらにいい感じなんだよね〜。
帰り道はまた、所々でお店に入って暖を取りながら帰ったけど、今日はニット帽があるので、大分楽です。ニット帽、偉大ですね〜。

ふと見上げると、オフィスの窓にバウマンの「ストーン」がパネルでかかっています。

さすがデザイン大国、オフィスでもバウマンですね〜。
あっという間に、3泊4日のヘルシンキも終了。人は良いし、食べ物は美味しいし、良い街です。かなりコンパクトなので、市内の観光だけだったら、今回のように2日あれば十分、そういう意味でもちょうど良かったのでしょう。

ただ、物価がかなり高いのと、寒いのが×。でもこの寒さが、人々の関心をインテリアに向けるのでしょう。

翌日はいよいよ最終目的地、パリへと移動します。いつもながらパリではかなりのハードスケジュール。しかも毎日満員電車に揺られるし、相当疲れます。「やだやだ!パリなんか行きたくない!」って二人してだだをこねてはみたものの、仕事なので仕方ないですね。

でもまあ、ヘルシンキで少しはゆっくりできたので、頑張って仕事よっと!
次回はパリからで〜す!
≪ BACK        NEXT ≫
ヨーロッパ日記2013TOPへ戻る »
同時進行で、ヒデキさんのブログも更新中です!   「hideki のブログ」 はこちらから »
コーディネートのこと、ご予算のこと、 トレンドのこと、何でも気軽にご質問下さい!
メールでのお問い合わせはこちら
  03-5706-6955
» aubeホーム
aube international Co.,Ltd
株式会社 オーブインターナショナル