ヨーロッパのカーテン、インテリアの最新トレンド情報。ハイムテキスタイル、メゾンエオブジェの最新リポートをお届けします。輸入オーダーカーテンのオーブ。

aube
ご予約・お問い合わせ
輸入オーダーカーテンのオーブ|電話番号
OPEN 9:00〜19:00
定休日 : 毎週火曜日
maison de rideau
トップページ コンセプト 出張・試着システム 取り扱いブランド 越川の紹介 姉妹店のご案内 サイトマップ お問い合わせ
  HOME > ヨーロッパ日記2018 > 第4話
〜ヨーロッパの最新トレンドリポートと旅日記〜
ヨーロッパ日記2018
第4話 フィレンツェにやってきた!‐その1 1月 17日 UP
フランクフルトでの展示会、ハイムテキスタイルが終わり、パリのメゾン・エ・オブジェがはじまるまでの4日間、今年はフィレンツェで過ごすことにしました。はじめは暖かいナポリにしようと思ったのだけど、天気が悪いみたいだから急遽フィレンツェ行きのチケットとアパートメントをとってGo!
何のインフォメーションもなかったのだけど、フェイスブックで行ったことある人や住んでた人などに情報をもらいつつ、いろいろ見て回る事に。3泊4日の観光と言っても、それぞれの昼過ぎまでは原稿を書かなければならないから、自由な時間はほんのちょっと。さあ、どうなるでしょうか?
フランクフルトからフィレンツェまでは、Air Dolomitiっていう初めて乗るイタリアのエアライン、初めて乗るブラジルのエンブラエル社の機体で。
飛行機マニアとしてはテンション上がりまくり!(笑)

ちなみに機内はガラガラ。100人乗りで20人位しか乗ってない感じ。

途中のアルプス越えでは、壮大な景色が眼下に広がっていて、ほとんどの人が席を移動しながら写真を撮ってました。
フィレンツェ空港はめちゃくちゃローカルで、歩いてターミナルまで行くんです。
今回ステイするアパートメントは、メインエリアからは川向こうのローカルエリアで、しかも裏通り。タクシードライバーが住所で見つけてくれたけど、看板もないし、自力では絶対に見つけられない自信があるくらいの所。

でも中に入ると、2年前にリノベーションされている、超モダンなデザイナーズ系、オシャレ系アパートメント。

川向うだけど割と便利な場所だし、環境は良いし、広くて清潔だし、凄く快適なところです。
荷物を置いて、先ずは近くをブラブラしていると、日曜日という事もあって、教会前の広場でアンティーク市をやってました。

凄いにぎわい!
アルノ川を渡る、サンタ・トリニタ橋で。

この橋を渡ると(写真の右の方)、メインエリアに入ります。

日曜日という事もあって、凄い人!ちょっとビックリです。
高級ブランド街が続いた後、こんなどこから見てもバッタ物の革製品を売る屋台が続くエリアがあります。

で、ここを進んでいくと・・・
こんな入口が表れるのだけど、これがフィレンツェで最大の中央市場。

1Fが市場で、2Fがフードコートになっています。
さびれた外観からはビックリするような、モダンでオシャレなフードコートが表れます。

フランクフルトから移動してきて、ちょっと疲れた夕方にちょっと一杯飲んで休むのには最高の場所。

ハムやステーキの専門店、フライの店、魚料理の店、ビアバー、ワインバー、パンやパニーニ、スウィーツ、いろんな店があって目移りしちゃいます。
その中でワインバーをチョイスして、トスカーナを代表するワイン、キャンティとブルスケッタを。

ディナーは予約済みだから、この時間(夕方)は控えめに・・・。

これがビックリするくらい旨いの!

キャンティもこんなに美味しかったっけ?っていう位旨いし、アスパラとプロシュートのブルスケッタも、マヨネーズベースのソースが絶妙で。
思わずワインをもう一杯。ここの雰囲気と美味しいワインに、長旅の疲れも吹っ飛びました。

って言っても、たかだか1時間半のフライトじゃないか!っていう・・・。
日曜日という事もあって、ペンディーニ広場も大賑わい。

メリーゴーランドも子供たちで一杯です。

なんか、メリーゴーランドの周りには楽しそうな子供たちの声が響いて、幸せオーラに包まれています。
フィレンツェ最古の橋、ヴェッキオ橋。
橋の上に店が並んでいて(屋台じゃなっくて常設の店)、しかもほとんどがジュエリーのお店。

なんだかよくわからいけど、フィレンツェ名物の一つらしい。
ディナーは着いてすぐ予約していた、フィレンツェの地元の人に大人気だというワインバー、Piazza del vinoに。

中央駅から2〜3駅という、中心街からはかなり離れた所にあって立地は悪いけど、カッコいいし美味しいお店。
いろいろとってシェアして食べたのだけど、特に写真右上の、フォアグラのパスタは絶品!極太の麺もかなりしっかりした歯ごたえで、超好み。
凄く意外だったのが、フィレンツェの人は皆フレンドリーでリーで親切なこと。パリとは別次元の感覚です。街角で地図を広げていると、「Can I help you?」って声かけてくれたり、とにかく皆親切。それから街中フォトジェニックだらけで飽きない上に、美味しい物だらけ。コンパクトで回りやすいし、とても居心地が良い街です。

次回もまた、フィレンツェの続編をお届けします!
<< BACK       NEXT >>
ヨーロッパ日記2018 TOPへ
トップページ
コンセプト
システム
越川のご紹介
コーディネート実例
プロモーションムービー
カーテン選び、プロの目線!
ショールームガイド
TOPICS
Styling now!
 Simple
 Color
 elegamce-modern
 Exotic/Resort
 Classic
 Kid’s
 
ブログ「aube+」
ヨーロッパ日記
「デコレーターの家」
姉妹店のご案内
移転の詳細
取り扱いブランドのリンク集
aube international Co.,Ltd
株式会社 オーブインターナショナル
〒224-0015 横浜市都筑区牛久保西 4−2−24
TEL: 045−507−8868
FAX: 045−507−8869