ヨーロッパのカーテン、インテリアの最新トレンド情報。ハイムテキスタイル、メゾンエオブジェの最新リポートをお届けします。輸入オーダーカーテンのオーブ。

aube
ご予約・お問い合わせ
輸入オーダーカーテンのオーブ|電話番号
OPEN 9:00〜19:00
定休日 : 毎週火曜日
maison de rideau
トップページ コンセプト 出張・試着システム 取り扱いブランド 越川の紹介 姉妹店のご案内 サイトマップ お問い合わせ
  HOME > ヨーロッパ日記2019 > 第4話
〜ヨーロッパの最新トレンドリポートと旅日記〜
ヨーロッパ日記2019
第4話 immケルン国際家具展 1月 17日 UP
 世界の家具の見本市で最大の展示会は、ご存知ミラノサローネ。4月開催という事で、仕事の繁忙期とセミナーで全国を回る時期に重なる為、その時期の
長期出張は絶対無理。という事で10年以上前から、このimmケルンで家具のトレンドリサーチをしています。
 今回は今年の家具のトレンドの要点をピックアップします。
ソファやチェアの張り地として、今年はツイードが非常に多く、完全にトレンドど真ん中、という状態。

写真はイタリアのミノッティ。
ファブリックとレザーのコンビも多く見られました。

こうやってボルスターだけレザーだったり、ソファの背やベースだけレザーだったり。

写真はB&Bイタリア。
こちらはレザーのパイピンを回してアクセント、という例。

この手法はカーテンやクッションにも使えるから、ぜひ取り入れたいところ。

写真はイタリアのポラダ。
色で言えば、ダントツでトレンド感が漂うのは、ダークグリーン。これもまた非常に多く見られました。

次いで多いのはバーガンディ、テラコッタ(オレンジ)、ダークブルー、イエローオーカー、ダスティピンク、といったところ。
毎年楽しみにしている、若手デザイナーのコンテスト。

400〜500点のノミネートの中から選ばれた10数点が展示されています。

その中から気になったのが、先ずこれ。

中国人女性デザイナーの作品で、フェルトで作ったドーム状のこれは、アコースティック(吸音)の為の物。この中に入ると凄く静かで、真中の横のラインが透明なアクリルになっているので、外も見える。

人の多い場所の片隅にこれがあれば、電話もしやすいので、そのうちどこかで採用されるかも?
フレームに生地を被せて座れるという椅子。

庭にこれをおいておけば、フレームは置きっぱなしで良いし、使う時だけ生地を持っていって被せれば清潔だし。

何気に良くできたアイデア商品。
ちなみにこのエリアには、自由にコーラやビールが飲めるように、何か所かにこうやってドリンクが冷やしてあります。

喉が乾いたらここに来るべし。
ケルン大聖堂。

ケルン中央駅の駅前にあって、もの凄い迫力!

ケルンメッセはここから電車で一駅のところにあります。
フランクフルトJからケルンまではこのICE(ドイツの新幹線)で1時間ちょっと。

今回は宿泊の都合で、フランクフルトに滞在したまま、日帰りでケルンを往復しました。

写真はその翌日にアントワープへ向かうところ。

その時もまたICEで移動です。早いし広いし快適なんだけど、結構混んでいるから指定席は必須です。
夜フランクフルトに戻ってきてからの夕食は、繁華街のコンストラブラーバッハ駅近くに新しくできた、ラーメン潤の2号店へ。

メッセ近くにあるとんこつラーメンのお店は抜群に美味いのだけど、滞在中はずっと臨時休業だったのでこちらに。2号店は味噌ラーメンの専門店です。

こちらのラーメン店はつまみも多く、ゆっくり飲んでつまんでから最後にラーメンを食べる、という感じ。

1号店でも人気のチキン南蛮はこちらでも安定の美味しさ。ラーメンも日本でも十分以上に通用する美味しさで大満足。ランチ抜きで歩き回った一日を締めくくるのにふさわしい美味しさでした。
今回はアントワープの事を書こうと思ったけど、ケルンのダイジェストをお届けしました。ちなみにこれは、アントワープからUPしています。

続きもお楽しみに!
<< BACK       NEXT >>
ヨーロッパ日記2019 TOPへ
トップページ
コンセプト
システム
越川のご紹介
コーディネート実例
プロモーションムービー
カーテン選び、プロの目線!
ショールームガイド
TOPICS
Styling now!
 Simple
 Color
 elegamce-modern
 Exotic/Resort
 Classic
 Kid’s
 
ブログ「aube+」
ヨーロッパ日記
「デコレーターの家」
姉妹店のご案内
移転の詳細
取り扱いブランドのリンク集
aube international Co.,Ltd
株式会社 オーブインターナショナル
〒224-0015 横浜市都筑区牛久保西 4−2−24
TEL: 045−507−8868
FAX: 045−507−8869