カーテンのことならオーブ世田谷へ


ブラインド・ロール
» コーディネート実例TOPへ
» aubeホーム
»
 出張・試着システム
シンプル・モダンなコーディネートも、こうやって変化をつけると、より今風のコーディネートになります。

全体的にはシルエットシェードでスッキリと仕上げ、大胆なプリントをロールスクリーンに仕立てて組み合わせました。

これがあるのと無いのとでは大違いなんですよ〜。


シルエットシェードはハンターダグラス製 (オランダ)
バーチカルブラインドはカラーコーディネーションで遊びましょう!

「スッキリ目、だけどもオリジナリティーがある素敵なデザインを」というお題を頂き、いくつかデザインパターンをご提案。その中でも一押しのデザインをセレクトして頂きました。

今のデザインとしては“アシンメトリー”は必須、アクセントを加える意味でもストライプを片側に配置、残りはベースのアイボリーを多めに、少なめ・控えめにアクセントカラーを差し込んで、ニュートラルなグレーで“間延び”を防ぎました。
隣のお部屋は、同じコンセプトの色違いで。
ダイニングルームにある二つの大きな窓に、ウッドバーチカルを付けました。

吹抜けなので、2Fからの見た目とホコリよけの目的で、上部にオリジナルでカバーも製作しました。


ナニック製
巨大なスクリーンのホームシアターを楽しまれるリビングルーム。

曲線を描いた漆喰の壁面、3つ並んだ小窓、完全遮光が必要、という事で窓枠内に完全遮光のハニカムスクリーンを入れて、手前にレースを持ってきました。

レースに入った刺繍とバランスの生地とデザインででオリエンタル+モダンを演出。


ハニカムスクリーンはハンターダグラス製 (オランダ)
表面にペイントをせず、本来の木目を生かした杉のウッドブラインド。適度な色のバラつきとナチュラルな質感が、国産のそれとは違う上質感が漂います。


JBS製 (オーストラリア)
大きい窓はブルー、小さい窓にはクランベリーのウッドブラインドを合わせました。

一般的な国産の物とは違い、ペイントではなくオイルステイン仕上げ(色付きのオイルを染み込ませて着色)なので、木目がそのまま残り、素材その物の美しさが生かされます。

適度な色のバラつきも味があって、ナチュラルな色合いなので、おもいきった色を使ってもまわりとの馴染みが良いのもGood!


ナニック製
洗面所には色違いのイエローで。

適度な明るさとナチュラルさが高い次元でバランスされています。
こちらはミッドセンチュリー系の家具と照明でコーディネートされたSOHOのオフィススペース。

「白を基調にキャメルを効かせてミッドセンチュリーを表現したい」とのお題を頂き、デザインさせて頂きました。

白〜キャメルでグラデーションを作ったブラインドをベースに、オリジナルデザインのフラットバランスでデコレーション。
縦型ブラインドとレースを組み合わせた様な、独自のメカニズムを持つ「ルミネットシェード」。写真では伝えきれませんが、上質感あふれるアイテム。

スッキリ目のコーディネートは質感が命。上質な物を選びましょうね!


ハンターダグラス製 (オランダ)
シャープシェード+ロールスクリーンの組み合わせ。
シェードに使ったレースの、独特なグレイッシュなベージュの色合いが、上品なモダンを演出してくれます。


クリエーションバウマン製 (スイス)
洗面所の一角の洗濯機を覆う様に取り付けたブラインドです。

廊下から見えるということもあり、ここは逆に見せ場と考えて、オリジナルのグラデーションをお作りしました。
ウッドブラインド+デザインレースの組み合わせ。
フェイク・モヘヤで花が描かれたレースをフラットスタイルにして、ウッドブラインドの前に吊りました。


オランダ製
巾が10m以上ある大きな窓に、ロールスクリーンを分割して取付けました。

フランス人デザイナーによるリーフ柄ですが、裏側(外側)から見てもとっても綺麗!
クールでシンプルモダンにまとめられたリビングルームの小窓には、ワインレッドのシルエットシェードでアクセントを。
「シンプルで無地系」がお題なので、ここには絶対 “色”
が必要。ミニマルを保ちつつのアクセントです。


ハンターダグラス製 (オランダ)
2種類のグリーンを少し加えるだけで、単調になりがちなバーチカルブラインドも素敵に変身!
カラコン・バーチ(カラーコーディネート・バーチカルブラインド)のバリエーション。

一手間加えるだけでも、全然違うんですよね〜。
ホワイトのウッドブラインドとフラットバランスを組み合せたキッチンの窓。


バランスの生地はシナマーク製 (スウェーデン)
カーテンに使った生地でロールスクリーンをお作りしました。3つ並んだ窓なので、生地の切り出し方がとっても重要。オリジナルのデザインと同じ花の並びを再現しました。


ボロス製 (スウェーデン)
縦型ブラインドとレースを組み合わせた様な、独自のメカニズムを持つ「ルミネットシェード」。写真では伝えきれませんが、上質感あふれるアイテム。

スッキリ目のコーディネートは質感が命。上質な物を選びましょうね!


ハンターダグラス製 (オランダ)
ブルーのブラインドをご希望された書斎ですが、単色だと殺風景になっちゃうので、目線の高さを白く抜いて、グラデーションで水色へつなげました。

レインボーカラーのグラフィックアートとの相性もバッチリ!
スラットのセンターにスリットの入ったバーチカルブラインド。バウマンのバーチカルの中でもベストセラーデザインなんです。


クリエーションバウマン製 (スイス)
こちらはメインのトイレですが、まわりの重厚感に負けないように、中綿を入れてボリュームを出したフラットバランスに、太めのツイステットコードでトリミングしたバランスを付けました。

アシンメトリーなデザインカットで、トレンド感のスパイスをひとふり!

窓枠内には、完全遮光のデュエットシェードで、プライバシーを確保しました。


デュエットシェードはハンターダグラス製 (オランダ)
こちらはキッズルーム用のトイレ。
ホワイトとブルーで爽やかにデザインしました。

一般的なブラインドも、一手間加えると素敵に変身できるんですよ!
小窓が多いお部屋をスッキリまとめるテクニック。
窓枠と同色のホワイトのウッドブラインドを入れて、“壁”にしてしまいます。後は掃き出し窓にお好みのデザインを入れるだけ!
スラットとラダーテープの色の組み合わせで色んな楽しみ方ができるニチベイのB-fifty。

男の子のお部屋にも最適ですね。
断熱効果も高いハニカム構造のデュエットシェードは、下から上げるだけでなく、上からも下にたためるタイプもあります。

日差しは出来るだけ入れたいけど、下からの視線を遮りたい窓には是非物です!


ハンターダグラス製 (オランダ)
同じデュエットシェードで、こちらは厚地と薄地を組みあせたペアタイプ。
» コーディネート実例TOPへ
» aubeホーム
»
 出張・試着システム