カーテンのことならオーブ世田谷へ


シンプルスタイル
» コーディネート実例TOPへ
» aubeホーム
»
 出張・試着システム
ホテルライクなシンプルモダンは、生地の質感が重要です。

ドレープは、見る角度によってキラリと光る糸が見え隠れするモダンなベルベットを使い、シャープシェードに使ったレースは麻100%。しかもシェードの両サイドに少し濃いブラウンの継ぎたし、さりげないアクセント。

シャープシェードのピッチを広めに設定しているところも、今っぽい演出なんです。
ドレープの裾は引きずるように仕上げ、エレガントさをプラス。


ドレープはデザイナーズギルド製 (イギリス)
シャンパンゴールドのシルクタフタをバサッとラフに掛ける、掛け方一つで印象は大きく違います。

14cmという特大の芯地でフレンチ・プリーツを撮って、裾は床に大きくブレイク。無難にまとめるだけが、シンプルスタイルじゃないんですね〜。
徹底的に生地のドレープ性にこだわるのもアリ。
スモーキー・ベージュのコットンサテンは、カッコよさと上質感もタップリ。ごまかしのきかないスタイルなので、生地の色と質感には、とことんこだわりましょう!


キファソ製 (オランダ)
世界一ドレープ性が綺麗な遮光カーテンと言っても良い生地で、この“落ち感”だけでも見応えさえあります。

そのドレープ性と発色にとことんこだわって、特別なモノフィラメント糸を使って多くの手間をかけて織られているんです。カラーバリエーションも豊富で、49色も展開。


クリエーションバウマン製 (スイス)
モダンな高層マンションのリビングルームのモダンなコーディネート。

ボーダーテープを縫い付けてサークル模様を立体的にデザインしたレースをフラットで吊って、コットンサテンのシェードを後ろに回しました。

丸い模様を途中で切らないように、上部に別の生地を縫い付けて調節しているところがミソ。


フジエテキスタイル製
クタッとした麻の地にキリッとしたイエローの刺繍、その対比が新しい印象を与えてくれる生地でプレーンシェードを作りました。


イギリス製
「軽量感」、「造形美」、「有機的」、何気にトレンドのキーワードがたっぷり詰まったデザイン。

マークジェイコブス・デザインのヴィトンの洋服をイメージさせられる中薄地を少なめのヒダで一重吊り。床に落ちる影も重要な演出の一つ。


シナサンド製 (スウェーデン)
壁のベージュと同系色のカーテンを合わせるのは、意外と難しいもの。

ブルーのカーペットと太めのモールディングでヨーロッパ調の設えの中に、ほんのりオリエンタルな香りのするコットンプリントを合わせて、さりげない“外し”。


ジムトンプソン製 (タイ)
色や柄ではなく、フォルムでデザインを表現した「造形美」。それをファブリックで表現するとこうなりました、という美しいレース。玄人好みの生地で、トレンドに敏感な人ほどグッときちゃうんですよね〜。

その“造形美”を生かすためにも、フラットシェードで作り、色を加えるために、1窓だけマルチストライプを合わせて、お部屋全体のバランスをとりました。
夜になると、よりいっそうそのフォルムが際立ちます♪


全てカサマンス製 (フランス)
麻のルーズ感を前面に出すように、ドレープはペンシルギャザーで仕上げ、タップリ床にブレイク。

レースも麻をチョイスし、こちらは少なめにブレイク、ヒダも逆箱ヒダでスッキリ仕上げました。
地織でさっぱり目の柄を選ぶなら、迷わず「ラインで描いた幾何学模様」を選びましょう!

シンプルなデザインこそ、トレンドのパターンを!


サンダーソン製 (イギリス)
壁面に色を多く使っているお部屋には、あえて白っぽい無地をラフに吊るのも“アリ”。

軟らかくて手触りの良い質感が特徴の上質な無地を使い、タブヘットでルーズに吊りました。


カサマンス製 (フランス)
ダークグレーのCFを床に使った、一般住宅では珍しいモダンなリビングルーム。

パリッとしたモダンな空間には、クタッとした質感の麻のドレープで少し緊張感を和らげてあげるのが今っぽいコーディネートにつながります。

少し裾を引きずるのも、そのルーズ感を演出するのに一役かうんです。


イギリス製
アイボリーのピンストライプの生地でスッキリ仕上げたリビングルーム。

それだけだとちょっと間延びするな〜、と言うときは、このようにアクセントを。
高さが5,7mある吹抜けに、モダンで透明感のある中薄地(ドレープとレースの間の透け感の生地)をフラットスタイルの一重吊りで。

丸い柄以外の部分が透けているこの生地は、床や壁に映し出される影がとっても綺麗なんです。

光の差し込み、床に移る影、全てが重要なファクター。


クリエーションバウマン製 (スイス)
大胆なプリントのレースにシンプルなドレープを組み合わせたリビングルーム。

無地のドレープは、組み合わせる色と配分で、無限大の表現が出来るんです。今回はチャコールブラウンとグレイッシュなアイボリーの無彩色の組み合わせに、細くライムグリーンを差し込みました。


ドレープはアメリカ製
レースはスペイン製
上端がブルー、裾がグレー、それらがグラデーションでつなげられている珍しいデザインのドレープ。

シンプルさの中に、高いテクニックとクールな色使いと上質感を入れ込んだこのデザインは、「さすがバウマン!」と拍手を送りたくなります。


クリエーションバウマン製 (スイス)


※ 上部が急に色が濃くなっているのは、上階のバルコ
   ニーが映りこんでいる為です。
透け感のある生地を使って、シャープシェードの一重吊りです。これもやっぱり色の組み合わせがキモ。

ややグレイッシュなアイボリーとパープルがかったチャコールグレーを組み合わせ、モダンの中に女性らしさも残しました。
無地のカーテンは、色味と質感がとっても重要。さらに言えば組み合わせによって、さらに魅力が広がります。

写真のリビングはブルーグリーンのシルクライクなアメリカ製の生地を使い、サイドにチャコールで切返して変化をつけました。
» コーディネート実例TOPへ
» aubeホーム
»
 出張・試着システム