カーテンのことならオーブ世田谷へ


最新コーディネート実例


― Part 30 ―
» コーディネート実例TOPへ
» aubeホーム
»
 出張・試着システム
««BACK   NEXT»»
勾配天井で独特のリビング。
ダークトーンだけどボタニカルに、というご要望にはピッタリのバタフライモチーフのプリント生地をフラットシェードに仕立てました。

レースもボタニカルなプリントのオーガンジーをチョイス。日中の風通しを考慮して、こちらはフラットスタイルに。少しだけ生地を多めに使ってゆるく形状記憶加工をかけている所がミソ。


ドレープはクリエーションバウマン製 (スイス)
レースはJAB製 (ドイツ)
白に統一された建具と大きなミラーが特徴のお嬢様のお部屋には、爽やかなアクアブルーのプリントでアクセント。

真っ白の空間では、そのままだと主張が強すぎる事から、レースを手前に入れて、色を和らげました。うっすらとボーダーが入っていて、上質感+モダンさをUP!


ドレープはイギリス製
レースはドイツ製
写真には写ってないけど、赤白のパントンチェアと赤黒の2つのシャンデリアが特徴のプライベートルーム。

他に使っているアクセントカラーの赤を引き立たせる為にもカーテンはモノトーンに。ラウンドカットの窓枠の関係で、ダブルシェードになりました。

本来モダンな印象のモノトーンと、クラシックなモチーフの組み合わせは、とってもトレンド性が高くて素敵な組み合わせ。モノトーンのダブルシェードでありながらとってもグラマラス!


ドレープはアイフィンガー製 (オランダ)
レースはクッフェロス製 (ドイツ)
壁・床・ソファーの色から、おのずと導き出されたプリントカーテン。窓数が多いので同系色でまとめました。

少しモダンに引っ張りたい、というご要望から、レースにはあえてボーダー柄をチョイス。


ウィルマン製 (イギリス)
大胆でモダンなデザインでありながら、どことなくオリエンタルな雰囲気も併せ持っているのがスペインのデザインの特徴です。色違いでクッションもコーディネート。


アルハンブラ製 (スペイン)
隣の窓には同じシリーズのストライプで、ダブルシェードにしました。
ベットルームはグラマラスに!
ローズ系のグラデーションでフロック加工(柄が貼り付けられてます)されたタフタをシェードにして、パープルのレースを合わせました。


ドレープはイギリス製
レースはドイツ製
こちらはご自宅内の仕事部屋。
デザイン関係のお仕事の邪魔にならないように白いブラインドをベースに、コードとスラットの一部だけにカラーをプラス。外からよく見える窓なので、色と色を入れる位置は外観重視で決めました。
目の前に森が広がっている非常に環境の良いリビング。
大きな葉っぱのモチーフは、ナチュラルとモダンが程よくミックスされて、居心地の良い空間を演出してくれます。


クリエーションバウマン製 (スイス)


手前のソファの張り替えもさせて頂いたのですが、そちらは別の機会にご紹介します。
ロハスなお住まいのリビングルーム。
もちろんファブリックも自然素材。ご夫婦で楽器を弾かれるので、ドレープは防音効果を狙い、地厚なコットン+リネン素材にウレタンバックの裏地をプラス。

リネン100%のレースは、2色を組み合わせて動きをプラス。色を加える位置は、一見なんて事ないけど実は絶妙な計算をしてるんです。

窓の反対側には“ワシリー・カンディンスキー”の絵が飾られているのですが、ロハス+カンディンスキーの組み合わせが斬新で、とても印象的でした。


ドレープはイタリア製
レースはスペイン製
2Fのプライベートルームです。
「墨の様な黒と和紙の様な白で、個性も出したい」というお題をいただき、このようなデザインにさせて頂きました。もちろんドレープもレースもリネン素材。小窓のタッセルはあえて高い位置にセットして、オリジナリティー度UP。
眺めの良いリビングルーム。
開口部が非常に大いので、レースインにして軽さを演出。
室内側にレースがくる事によって、重ったるくならずに圧迫感を減らせる効果も期待できます。

後ろにまわしたドレープはダークブラウンのストライプにしてて、ラグジュアリー感も残しました。


レースはフィスバ製 (スイス)
ドレープはアメリカ製
ベットルームには上品なシャンパンゴールドにフロッキー加工が施されたエレモダ(エレガンス+モダン)で。


キファソ製 (オランダ)
««BACK   NEXT»»
» コーディネート実例TOPへ
» aubeホーム
»
 出張・試着システム