カーテンのことならオーブ世田谷へ


最新コーディネート実例


― Part 38 ―
» コーディネート実例TOPへ
» aubeホーム
»
 出張・試着システム
««BACK   NEXT»»
ダイニングスペースとリビングで壁の色を分けた、遊び心いっぱいのお部屋。

今をときめくトリシア・ギルドのデザインとポップなマルチカラーのストライプを組み合わせて、もはやこの空間は完全にヨーロッパ!


プリントはデザイナーズギルド製 (イギリス)
レースはJAB製 (ドイツ)
イエローのクロスが貼られたダイニングは、同じ生地のダブルシェードで、グリーンのヘムを入れてアクセント。

ヘムを付けると1巾の生地で作れるので、デザインが途切れないのと、コストダウンにも一役かっています。
根強い人気の北欧デザイン、「MALAGA」。

本当にファンが多いですね〜。
こちらのお宅は、各部屋を色違いでコーディネートしました。
モダンなアジアンリゾートを目指したリビングルーム。

無地でシェードを作るには、生地の質感が命!
上質な麻ベースの生地をチョイスしました。

さらにアクセントのグリーンの入れ方を工夫して、シンプルながらも退屈にならないように仕上げました。


イギリス製
小窓に大柄は合わないって思ってませんか?
そんなこと無いんですよ!

やっぱりここも、デザインが途中で途切れないようにする配慮と、コストダウンとを考慮して、両サイドにベースカラーに似た無地をつないで、メインのデザインをセンターに持ってきました。


アルメダル製 (スウェーデン)
隣のお部屋もあえて大柄をチョイス。


ユンバリ製 (スウェーデン)
こちらも根強い人気の北欧デザイン、「ROCK」。
ざっくりしたコットンの質感が、ナチュラル系とポップ系を絶妙なバランスでまとめてくれます。

隣の窓にはナチュラルな質感が人気のJBS製ウッドブラインドを合わせました。(オーストラリア製)
国産と違ってペイントされていない独特の質感と、適度な色のバラつきが素敵なんですよ〜。
大きな花柄が織り上げられたレースをメインに、上品なオレンジのサテンを後ろに回しました。


クリスチャン・フィッシュバッハ製 (スイス)
ベットルームはプリントの花柄で。後ろには少し落ち着いたコッパーゴールドのサテンを入れました。


クリスチャン・フィッシュバッハ製 (スイス)
お部屋に小さめな窓が一つしかない時は、絶好のチャンス!ドキッとするようなストロングカラーを入れるのにもってこいです。

ピンク、レッド、パープル、ライムグリーンという超ストロングカラーの組み合わせで、しかも光沢のあるシルク。さらにライムグリーンのレースを合わせて、グラマラスに仕上げました。


クリスチャン・フィッシュバッハ製 (スイス)
小窓が2つ並んだキッズルーム。

何かと原色の物が多くなりがちなキッズルームのカーテンは、出来るだけそれらに負けない色・柄をチョイスしましょう。

気に入ったデザインではアクセントが足りないようなら、付け加えちゃえばいいんです!

ここでは、マルチカラーのピンストライプを上部に加えました。
ちょっと見づらいですが、特にヨーロッパでここ数年人気が高まっている、メッシュのレース。

こちらはブラックのメッシュをベースに、太めのボーダーが変則的に入ったモダンなデザイン。フラットスタイル+形状記憶加工で仕上げました。


スペイン製
ドレープはシルクライクな無地を3色使ってオリジナルデザインを作成。
伸びやかでスッキリしたデザインが人気のスカンジナビアン・デザインと大きなサークル模様のレースの組み合わせ。

どちらもフラットスタイルで仕上げ、スッキリ感を生かすようにしました。


ドレープはアルメダル製 (スウェーデン)
レースはクリスチャン・フィッシュバッハ製 (スイス)
ビビットな赤いソファに相性の良い、イエローとグリーンのストライプ。

小窓にはその中からイエローを拾って無地を合わせ、クッションでそれらをつなぎ合わせました。


JAB製 (ドイツ)
ブラウン地に赤の大きな花柄が入った、ジャガード織りのドレープをベットルームに。


ベルギー製
こちらも「MALAGA」を使ったコーディネート。

シェードはブルーグレーの無地をジョイントしました。
デザイナーズギルドの中でも特に人気の高いデザイン。
こちらのベットルームではピンクをセレクト。

大きい方のシェードは、柄をセンターに持ってくるのとコストダウンとアクセントを加えるのと、いろんな意味で無地のボーダーを加えました。ここでは落ち着いた赤紫をチョイス。
««BACK   NEXT»»
» コーディネート実例TOPへ
» aubeホーム
»
 出張・試着システム