カーテンのことならオーブ世田谷へ


最新コーディネート実例


― Part 47 ―
» コーディネート実例TOPへ
» aubeホーム
»
 出張・試着システム
««BACK   NEXT»»
麻+コットンの重厚な生地に鮮やかなプリントがのせられた、対比の面白い生地をシェードに仕立てました。

ここではこの生地の質感がとっても重要で、これだけの色柄を使っても高級感が漂うんです。


オズボーン&リトル製 (イギリス)
レースは3色使って不等ピッチでジョイント。こちらもコットンライクな質感で合わせています。

左右にある腰窓は、ホワイトのウッドブラインドとフラットバランスを組み合わせ、お部屋全体の色の分量を整えました。

この手のコーディネートはフォーカルポイントをハッキリさせて、引く所は引く、それが肝心!


レースはシナサンド製 (ドイツ)
ベットルームには大きな花のパネルデザインを左右色違いで並べ、腰窓は同じシリーズの小さめな花柄を合わせました。その花柄も、けして小さくは無いんですけどね〜。


フランス製
少し崩した丸い柄が織られたレースですが、キッチリしないで「少し崩した」というのが今っぽいんです。

タイバックも丸で合わせ、ドレープはクッタッとしたコットンの質感が、これまた“今っぽい”太めなストライプを持ってきました。


ドレープはカサマンス製 (フランス)
レースはアルハンブラ製 (スペイン)
大きな葉っぱが織り込まれたレースをメインに、絶妙な色合いと質感が品の良さを演出してくれるイエローゴールドのコットンサテンを後に回しました。


レースはクリスチャンフィッシュバッハ製 (スイス)
ドレープはアルデコ製 (ポルトガル)
ボタニカル+クラシック+モダンな大人気のレースです。

18世紀のフランスデザイン「トワレドジュイ」をアレンジした全く新しいデザインで、人のシルエットの中にも花柄がプリントされている凝った作りになってます。

夜電気をつけると、その柄が浮かび上がって見えて、外から見ても綺麗なんです。ご近所でもかなりの評判だそうです。


クリスチャンフィッシュバッハ製 (スイス)
楽しい子供向けのデザインながら、細部にこだわったディテールが高級感を出している「エンターティナー」というタイトルのデザイン。

両サイドにオレンジを加えてシェードに仕立てました。


クリスチャンフィッシュバッハ製 (スイス)
玄関ホールの丸い小窓に、フラットバランス手法を使ってオリジナルデザインの目隠しを付けました。

外壁のアクセントカラーの赤と、玄関のアクセントカラーの青を引いてきて組み合わせ、宇宙的な奥行き感をイメージしてデザインしました。
リビング・ダイニングの一角に設けられたワークスペース。

無機質になりがちな場所にこそ、有機的な北欧デザインが“効いて”くるんです。


アルビットソンズ製 (スウェーデン)
古くから北欧に伝わる神話が描かれたプリント生地をシェードに仕立てました。


アルビットソンズ製 (スウェーデン)
壁面に色を多く使っているお部屋には、あえて白っぽい無地をラフに吊るのも“アリ”。

軟らかくて手触りの良い質感が特徴の上質な無地を使い、タブヘットでルーズに吊りました。


カサマンス製 (フランス)
««BACK   NEXT»»
» コーディネート実例TOPへ
» aubeホーム
»
 出張・試着システム