カーテン選びのコツ、コーディネートのコツを解説します。東京、横浜の輸入カーテンは出張コーディネートの専門店、オーブへ

aube
ご予約・お問い合わせ
輸入オーダーカーテンのオーブ|電話番号
OPEN 9:00〜19:00
定休日 : 毎週火曜日
maison de rideau
トップページ コンセプト 出張・試着システム 取り扱いブランド 越川の紹介 姉妹店のご案内 サイトマップ お問い合わせ
  HOME > コーディネートの新常識TOP > 「ヒダ」のお話し
カーテン選び・プロの目線!(基本編)
「ヒダ」のお話し
「コーディネートの新常識」 TOPページへ▲
カーテンの多くは、上部にヒダがつまんであって、裏側にフックが付いていて、カーテンレール(ランナー)に掛かっているものです。ではその「ヒダ」は何の為にあるのでしょうか?

目的一つは開閉がしやすいようにする為。ヒダがきっかけになって折れ曲がり、たたまれやすくなります。もう一つの目的は美しく見せる為。綺麗なドレープは美しい物です。

良く耳にする「2倍ヒダ」とは、仕上がり巾(カーテンレールの巾)に対して、2倍の生地を使い、ヒダをつまんでカーテンを作る事を言い、その倍率に応じて「1.5倍ヒダ」とか、「2倍ヒダ」とか、ある程度自由に設定できます。

以前は、「オーダーカーテンは2倍ヒダ以上、既製品は1.5倍ヒダ」というような業界のスタンダードがあって、オーダーカーテンである以上、必ずと言って良いほど2倍以上のヒダを取っていたものでした。でも最近の傾向として、カーテンのデザイン、目指すテイストなどに応じて自由に設定するようになっています。

これもまた、コーディネーターによって色々な考え方がありますが、ボクなりの今のヒダの考え方について、それぞれ例を挙げて解説します。

<1.5倍ヒダ>

このようなプリントカーテンは「1.5倍ヒダ」が今のスタンダード。先ずはこれを中心に考えます。柄が綺麗に見えるのと、たたみやすさ、そのバランスがとれた基本スタイル。
<フラットスタイル>

ヒダをつままないスタイルですが、生地自体はレール巾に対して、1.2倍ほど使い、写真の様に少し波打たせるのが基本です。1.1倍〜1.5倍まで、コストとスタイルに応じて調整します。
<フラット+形状記憶>

写真の様に、一定のウェーブがキープされるように形状記憶加工を施す事もできます。(素材によって可・不可があります)

約1.3倍位の生地を使います。
<1タック>

約1.3〜1.4倍の生地を使った一つ山。使いやすさとフラット感、ルーズ感のバランスが良く、Bフック(レール隠し)にも使えます。(フラットはBフック不可)

ボクも最近多用するスタイルで、麻素材や大柄なプリントにも最適な今っぽい仕上がりに。
<2倍ヒダ>

ドレープ性の綺麗な無地系を美しく見せるには、やっぱりこれ。
<1.7倍ヒダ>

ベルベットやシュニールなど、重めの生地をモダンに軽く見せるには、少しヒダを落とします。

また、写真の様に少しブレイクさせる(引きずる)のも、カッコよい演出の一つ。
基本的なヒダの取り方はこんなところですが、他にも何十通りも手法があって、例を挙げればキリがないほどです。その他の例をいくつか挙げてみます。
<ハトメ>

生地に一定間隔で穴を開け、そこにパイプを通したようなスタイル。
自動的にヒダピッチが一定になるメリットもあり、モダンなイメージに。
<タブヘッド>

生地で作ったタブ(ベルト)を一定間隔でループ状に生地に縫いつけ、そこにパイプを通したスタイル。ルーズな印象に。
基本的に芯地を入れないので、生地がたるむ為、裾のレベルは一定にはなりませんが、部分的に引きずるなど、そのルーズ感を狙うのには適してます。
<ゴブレットプリーツ>

手法的には、1タックのヒダの中に綿などを詰めて膨らみを持たせたスタイル。その形がゴブレットグラスに似ているからついた名前です。
<ペンシルギャザー・プリーツ>
ギャザーテープを後ろから縫いつけ、ヒモで絞ってヒダを取ったスタイル。ランダムなヒダになるので、軟らかい麻や綿などの素材をルーズに見せるのに適しています。
他にギャザーがクロスするスモック・ギャザーなどがあります。
写真のペンシルギャザーは、本来2.5倍ヒダで作るものですが、あえて少なめに2倍で作り、ヒダが動かないように、ステッチで固定しているもの。ギャザーの上を耳立てすると、この様に「クシュクシュ感」が強調されます。
<フレンチ・プリーツ>

通常の3ッ山と違い、ヒダの最下部でつまんで、上部が扇型に開いたスタイル。

写真はそれが強調された、通常の1.5倍位の太さの15cm巾の芯地を入れてヒダを取ったスタイル。
どうですか?ヒダの取り方でイメージは変わるものだという事がお分かり頂けました?

特に最後の例は好例で、生地はシャンパンゴールドの無地のシルク・シャンタンと、特別変わった物ではないのですが、大振りなヒダ、つまみ方、それから丈の設定(引きずり具合)によって、ガラッとイメージが変わっちゃうんです。

カーテンは生地選びだけではありません、「仕立て(縫製)」という演出が加わって、初めて成立するもの。目的や好みのテイストに合わせて、最適なヒダを選択しましょうね!
ページのTOPへ
トップページ
コンセプト
システム
越川のご紹介
コーディネート実例
プロモーションムービー
カーテン選び、プロの目線!
ショールームガイド
TOPICS
Styling now!
 Simple
 Color
 elegamce-modern
 Exotic/Resort
 Classic
 Kid’s
 
ブログ「aube+」
ヨーロッパ日記
「デコレーターの家」
姉妹店のご案内
移転の詳細
取り扱いブランドのリンク集
横浜市都筑区のオーダーカーテン|オーブ
株式会社 オーブインターナショナル
〒224-0015 横浜市都筑区牛久保西 4−2−24
TEL: 045−507−8868
FAX: 045−507−8869
横浜を中心としたオーダーカーテンコーディネート(HOME)